高配当株 長期間保有

ほとんどの企業は、その事業や経営を行ったり維持していくためには、自分たちの持っている元々の資金だけでは足りないために、広くわたしたちから資金を募ることになります。

こうして企業が、その事業運営のための資金を集めるために行う行動には大きく2つの方法があり、一つはわたしたちから資金を融資という形で調達する方法、もう一つは私たちに企業の出資者になってもらうという形で調達する方法になります。

この資金を融資してもらう方法では、企業は投資家に対してその借入の証として債券を発行し、これがいわゆる社債と呼ばれるものになり、企業は融資を受ける代わりに一定の期間の後にその借りた資金に利子を加えたものを、投資家に返却します。

また企業の出資者になってもらう方法では、企業は投資家に対してその出資の証として株券を発行し、企業はその株を持つ人たちに会社のオーナーになってもらい、利益の一部を還元したり、株主優待などのサービスを行ったりするのです。

このようにして、企業は事業の運営のための資金を調達しており、わたしたちは自らの資産を起業にかかわらせることによって、その資産を運用して増やして行く投資を行っているのです。

つまり、株での投資では投資家自らが企業のオーナーになり、その運営を企業に勤める経営陣に任せ、そこから上がっていく利益を少しずつ得ていき、その企業が長く存続し事業が拡大され、業績を大きく伸ばしていくことが本来の形となります。

現在の株での資産投資というと、株式市場で売買取引されている株券を、その相場の変動を見ながら安く買って高く売るという方法によって、その相場変動の価格差を利用して利益であるキャピタルゲインというものを求めるものが強い印象になりますが、株式での投資は株券を長期間保有することによって、そこから得られる配当金などのインカムゲインを利益として求めていく方法によっても、資産を運用していくことができるのです。

こうした株の長期間保有による資産運用の場合は、どの企業の株を買うのか、つまりどの株の銘柄を手元に保有するかによって、将来的に得られる利益が大きく変わっていきます。
利益をたくさん得たいのであれば、配当金が多く支払われる高配当株を選択するのが一番ですが、こうした高配当の部分だけではなく、その企業の安定性や成長性なども見ておく必要があります。

たとえ高配当株であっても、社会情勢などによって業績が悪化してしまえば配当金が減ってしまったり配られなくなってしまうこともあり、場合によっては自分がオーナーとして出資した企業が経営破たんをし、投資した資金が失われてしまうこともあるため、銘柄の選考はしっかりと行うほうが良いのです。