高配当株 デメリット

株式投資において、高配当株を保有する事によって、長期的な取引を行う投資スタイルでは、安定した利益が得られるために多くの投資家がこうした資産の運用方法を用いています。

高い配当を持つ有料の銘柄の株式を手に入れることができれば、そこから得られた利益をさらに株の取得に投入していく事によって、さらに大きな利益を生み出すことができるのです。

株取引は投資であり大きなメリットがある分、こうした高配当株を長期的に保有する投資においても、様々なデメリットが存在していることも事実です。
こうした取引の際には、高い配当の利回りを求める事になります。
高い配当の利回りを持つ銘柄を保有できれば、その利益が大きくなり、その利益をさらに投資することができるので、その取引を大きく加速させることが可能になるために、少しでも利回りの高い銘柄を選んでいくことが必要になります。

しかしながら、配当の利回りが高いことばかりに着目してしまうことは、大きなデメリットになることがあり、その時だけの高い配当利回りだけを参考にしてしまうと、その配当よりも次の配当が減ってしまったり、また配当が得られないということも起こり得るのです。

株によって得られる配当金は、その株を発行する企業の業績によって得られる収益から分配されていますので、この業績が低迷してしまえば得られる配当金が低下したり無くなったりすることになります。

こうしたことから、配当利回りを確認するときは、その時だけではなく過去にも遡りその企業の業績に推移を確認せねばならず、一概に高い配当利回りが出ていたとしても、その時の業績が上昇した場合もありますので、しっかりと確認をしなくてはこのデメリットを回避することはできないでしょう。

また、長期的に株式を保有して利益を得ていくために、その企業の業績の悪化や、株式市場全体の低迷や、経済の冷え込みなどによってその配当金が長期にわたって配当金が減少したり、無くなってしまうこともそうですが、その株相場のレートが変動してしまい、資産としての価値自体が減少してしまうことともあります。

こうした場合には、大きな資金を投入した資産が大きく減少する事になるために、リスク回避のためにこれを売ろうとしも、大きな損失を含んでしまうためになかなか判断ができず、その損失がさらに進んでしまう可能性もあります。

長期間に株を保有することによって、時間の経過とともに様々に企業の状況が変化することは否めないことであり、最悪の場合には経営破綻などによって企業が倒産することもあります。

こうした場合には、株式での投資においては資金の投入は出資をするという事であり、企業のオーナーで株主になるという事ですので、その資金を回収することが出来ませんので、すべての投資資産を失う事になるのです。