高配当株 株主優待

わたしたちが株式を利用して資産を運用する際には、短期的に株を売買する事によって株式相場の変動を利用しその差益を求めていくものと、長期的に株を保持する事により、そこから得られる配当金を利益をとして求めていくものとがあります。

長期的に資産を運用する株式の投資スタイルでは、高い配当利回りの株式銘柄を保有することにより、定期的な利益を得ることが可能であり、その得た利益をさらに投資に利用し株式の配当をふやすことによって、より利益を大きしていくことができるため、長い時間で資産運用することによってさらにその資産を増やしていくことも可能になります。

このように、長期的な株式投資には欠かすことのできない高配当株になりますが、株式での投資の魅力はこれだけはなく、また、短期的な投資による高い相場差益以外にも、わたしたち投資家にとっては非常に有効的な利益があり、それが株主優待になります。

株主優待とは、企業が株主に対して行う優待サービスになり、その企業の行なっている事業内容などを受けることができるものになります。

例えばものを作っているメーカーなどであれば、そうした商品をもらうことが出来たり、また、外食企業などであれば飲食が行なえるチケットや、映画やテーマパークなどであればその入場券が配られたりします。

株主はこうしたサービスを利用することにより、株配当や売買差益とは違う利益を得ることができるほか、投資を行なっている企業のサービスを実際に受けることにより、その業務の内容などを肌で感じて深く理解することにもつながるものになるため、企業に対しても利益があることになります。

実際に、株式の取引を始める人たちの多くが、配当金や株式売買による利益を求めた資産の運用を目的としたものではなく、株を保有することにより株主優待を受け取ることを目的として行われているとされています。

特に人気のあるものは外食やエンターテイメントのものなどが多く、また最近では、株主優待にカタログギフトなどを用意する企業などもあり、株式を購入する際には株主優待をその選考に理由するする投資家が多くいるのです。

このように株主優待にはいろいろな利益があるのですが、それ以外にも株主と企業には大きなメリットがあります。
株主優待を求めて株主が株を購入するため、社会的に経済などが多少落ち込んだとしても、株価が下がらないことが多くあり、資金の調達が可能であり業績を伸ばすことができることから、株主優待は株式投資にとってもなくてはならないものとなっているのです。